第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回

第20回 肩関節鏡手術研究会

第20回研究課題

〜再発率の高い肩関節脱臼症例に対する治療法:原点に戻って手術手技を熱く語りましょう〜

日   時:2014年8月23日(土)14:00 〜17:50
会   場:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社本社 3F カフェテリア
会   費:5,000円
代表世話人:米田 稔 先生 中之島いわき病院(NIH)
会   長:林田 賢治 先生   大阪警察病院    整形外科

プログラム
14:00-15:10
■■■ セッション1: Bankart & Bristow 法
座長:岡村 健司 先生 羊ケ丘病院 整形外科
1.鏡視下Bankart & Bristow 法−明日からできる手術手技−
鈴木 一秀 先生 麻生総合病院 整形外科 
2. 鏡視下関節内修復術と関節外制動術併用法
−鏡視下Bankart & Open Bristow 法−
田崎 篤 先生 聖路加国際病院 整形外科
16:40-17:50
■■■ セッション3: Hill-Sachs Lesion に対する術式
座長:山本 宣幸 先生 東北大学 整形外科
1. Remplissage 法
菅谷 啓之 先生 船橋整形外科病院 肩関節・肘関節センター
2. Hill-Sachs Lesion に対する鏡視下骨軟骨柱移植術
藤田 耕司 先生 千葉メディカルセンター 整形外科
15:20-16:30
■■■ セッション2:  鏡視下人工骨移植術
座長:中川 照彦 先生 同愛記念病院 整形外科
1. 人工骨移植を併用した鏡視下Bankart 法
瀧内 敏朗 先生 たきうち整形外科スポーツクリニック
2. 関節窩骨欠損に対するAnatomical-shaped Artificial Bone
“NAKANOSHIMA” の開発とその設置用ジグの開発
山田 真一 先生 JCHO 大阪病院 整形外科
16:40-17:50
■■■ セッション3: Hill-Sachs Lesion に対する術式
座長:山本 宣幸 先生 東北大学 整形外科
1. Remplissage 法
菅谷 啓之 先生 船橋整形外科病院 肩関節・肘関節センター
2. Hill-Sachs Lesion に対する鏡視下骨軟骨柱移植術
藤田 耕司 先生 千葉メディカルセンター 整形外科

第20回肩関節鏡手術研究会プログラム.pdf

共催:肩関節鏡手術研究会
 ジョンソン・エンド・ジョンソン 株式会社

お問合せ :
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 デピュー・マイテック事業部
TEL 03-4411-7911 FAX 03-4411-7730
会場:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 本社3F カフェテリア
〒101-0065 東京都千代田区西神田三丁目5番2号 千代田ファーストビル西館
【最寄駅からのアクセス】
■東京メトロ・東西線・半蔵門線/都営地下鉄・新宿線 「九段下駅」5番出口下車、徒歩約4分
■東京メトロ・半蔵門線/都営地下鉄・新宿線 「神保町」A2出口下車、徒歩5分
■JR総武線 「水道橋」西口下車、徒歩6分

Copyright (C) 2005 Arthroscopic Shoulder Surgery Study Group